小中高一貫教育・高校全寮制・教育課程特例校 緑豊かな山麓に佇む学校で小中高一貫教育“根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園

学校法人 燈影学園

京都市山科区四ノ宮柳山町29

電話: 075-595−3711

お問合せ
  • ホーム
  • 教育方針
  • 歴史
  • 一燈園について
  • 一燈園小学校
  • 一燈園中学校
  • 一燈園高等学校
  • 学舎案内
  • 交通案内

ホーム >  一燈園について

一燈園について
一燈園について

一燈園(財団法人 懺悔奉仕 光泉林)は明治37年(1905年)、西田天香によって創始されました。爾来今日にいたるまで、自然にかなった生活をすれば人は何物をも所有しないでも、また働きを金に換えないでも、許されて生かされるという信条のもと、懺悔の心を持って無所有奉仕の生き方を実践しています。

写真1

光泉林は昭和4年、現在地に開設され、財団法人として認可されました。約十万坪の土地には数十棟の建物があり、現在も多くの同人(西田天香の思想に共鳴して共同生活を送る人達)が懺悔報恩の心を持って生活を共にしています。

人間はもともと無一物で生まれ、生命は授けられたものです。自分の物といえるものは何もなく、権利を主張できる物も一切ありません。無一物、無所有こそ人間本来の姿だといえます。

しかるに有史以来、人間の生活に争いが絶えたことはありません。あらゆる争いの源には、欲望や利己心があります。そして財産や地位、名声などに執着しようとします。こうした欲望への執着心を断ち切り、利己心を浄化させて本来の姿に戻ること、それを「路頭に帰る」といいます。身についたもの、集まってきたものをすべて大自然のもの、全体のものとしてお返しし、常に無一物の立場で路頭にいて、路頭に迷うのではなく路頭に帰る。それこそが正に人間本来の姿なのです。

写真2
写真3

燈影学園は、争いのない平和な世界の実現に貢献する子供たちを育成するために生まれました。本学園では毎朝小学生、中学生、高校生全員が礼堂に座り、瞑想の中に集中力を養います。子供たちはその瞑想の中から、自然の恵みや父母家族への感謝、己のわがままや至らぬ点に対する反省、今日もがんばろうという誓いにそれぞれ思いをめぐらすのです。

美しい緑と人々のやさしさに包まれた環境の中で、この小さな学校は、社会に役立つ個性豊かな人材を世の中に送り続けています。
一燈園について詳しくお知りになりたい方は一燈園のウェブサイトをご参照ください。

事務局スタッフ紹介

現在一燈園では教育分野をはじめとする様々な事業活動を展開し、争いのない社会の実現を目指して社会に貢献しています。詳しくは「リンク関連」をご覧ください。

▲ページトップへ